新旧エクスプローラー I を比較してみた|【ロレックス】

だいぶ遅ればせながら、となってしまったが今回はロレックスの新作の中でも大きな話題を呼んだエクスプローラー I (正式名にはローマ数字の「I」は付かない)について、新旧とコンビモデルの実機を一緒に並べて見る機会を得た。そこでその感想について簡潔にまとめてみたい。

 エクスプローラーⅠのモデルチェンジは3200系の最新ムーヴメントへの移行に伴うものだが、外装面でも二つの大きな変更があった。ひとつは1953年の誕生以来、ステンレススチールタイプの1型のみで、文字盤の色違いや素材違いなどのバリエーションは一切存在しなかった。それが今回は何と18金イエローゴールドとステンレススチールのコンビモデル(ロレックスではロレゾールと呼ぶ)が新たに発表されたのである。

エクスプローラー史上において初となるコンビモデル、Ref.124273

 正直なところ実機を見るまでは「えっ、どうしたの」と思ってしまうほど否定的な考えでいたのだが、実際に実機を見るとこれがまた雰囲気としてはまったく悪くない。これはこれでありなのではないかと思ってしまうほど逆に新鮮に感じたほどだった。

 そして二つ目は2世代前まで受け継がれた本来のケースサイズとも言うべき36㎜径に戻った点である。筆者的にはある意味こっちのほうが驚きだったのだが。そこで同サイズで2009年度に生産終了した2世代前のRef.114270とを実機で比較してみた。

 余談だが、今回レファレンス番号に124270が与えられた。スーパーコピー時計今回生産終了となった旧型が214270だったため数字的にはひとつ戻った感じだ。ケース径が36mmになったことから旧型ではなく同サイズだったさらにひとつ前の114270の後継として、時計の種類を表す最初の4桁“1142”を“1242”としたのだろう。ま、どうでもいいことではあるが…。

右か今年発表された新作のRef.124270。左は2009年度で生産終了となった2世代前の旧型Ref.114270

 さて上の写真を見てほしい。右が新型で左が2世代前の旧型だ。ケースサイズこそ同じだが、細かく見ていくと新型は外装面でもだいぶブラッシュアップされ、全体のフォルムといい文字盤といいメリハリの効いた感じとなった。

 なかでも特筆なのがブレスレット。これまで20mmだったエンドピースは19mmに若干絞られたため、それに伴ってブレス幅も若干細くなっている。これについて評価は別れるかもしれないが、筆者的にはヘッド部からのラインもバランス良く現代的で洗練された感じになっていると思う。

右が新型、左が2世代前の旧型である。ご覧のように新型はラグ幅が1mm小さい。ブレス幅も若干細くなり全体のサイズバランスが整った感じだ

 インデックスの3・6・9は39mmサイズだった前作から引き継いた夜光仕様となり見やすい。ロレックス スーパーコピーそのうえ文字盤はラッカー仕上げで黒がさらに深まり、若干光沢感もあってとても引き締まった印象だ。

実際に着けてみました!

新型をつけてみてエクスプローラー I はやっぱり36mm径だと、あらためて実感させられた

 筆者は現在39mm径のRef.214270(前期)を所有しているが、今回36mm径にサイズダウンされた新型を実際に着けてみて、あらためてエクスプローラーⅠは36mmが最もバランスがいいと実感した。また2世代前と比べると、インデックスと文字盤のラッカー仕上げのせいだろう、ぐっとモダンな印象を受けた。

ビジネスシーンの“本命時計”はシンプルビューティを極めた名品「ワンカラー」ウォッチ【前編】

卓越したデザイン力と妥協のない技術力で、圧倒的な美しさに満ちる名門ブランドのウォッチ。なかでも、計算し尽くされた、究極のシンプリシティを体現するモデルは、ビジネスパーソンに寄り添い、シーンやスタイルを問わず活躍してくれます。そんな名品から厳選した8本を、前後編に分けてご紹介。前編の本記事では、ステンレススティールのケースとブレスレットに、ホワイトやライトグレー系のダイヤルを組み合わせた、ワンカラーのウォッチに注目しました。カルティエ(Cartier)「タンク フランセーズ」、ブルガリ(BVLGARI)「ブルガリ・ブルガリ」、ティファニー(Tiffany)「ティファニー 1837 メイカーズ 22mm スクエア」、エルメス(Hèrmes)「Hウォッチ」の各コレクションからピックアップ。どれもキャリア女性の“時”をサポートし、日常スタイルを理知的に仕上げてくれます。

まとう人の気品と知性が際立つ、名門ブランドのワンカラー ウォッチ
ビジネスパーソンのウォッチに求められるのは、まとう人の存在感を高める品格と、信頼できるメカニズムを備えていること。そんな厳しい条件を叶えるのが、比類のないデザイン力と最高の技術力によって生み出される名門ブランドのウォッチです。なかでも卓越したシンプリシティを体現するモデルは、多忙なキャリア女性のシーンやスタイルを問わず活躍してくれます。

そこで、数ある名品のなかからPrecious.jpが厳選した8本を前後編でご紹介。【前編】となる本記事は、ステンレススティールのケースとブレスレットに、ホワイトやライトグレー系のダイヤルを組み合わせた、「ワンカラーのウォッチ」がテーマ。時計スーパーコピー 、 カルティエ(Cartier)、ブルガリ(BVLGARI)、ティファニー(Tiffany)、エルメス(Hèrmes)から最強のウォッチを1本ずつピックアップしました。

カルティエからは「タンク フランセーズ」。1996年の発表以来人気のコレクションで、ステンレススティールのブレスレットの中央に、アーチ状にカーブを描くケースをあしらい、途切れのない美しいフォルムを表現しています。

ブルガリからは、40年以上人々を魅了し続ける「ブルガリ・ブルガリ」の新作。ベゼルの象徴的なダブルロゴは、古代ローマのコインから得たインスピレーションをモダンに昇華したデザインです。

ティファニーからは「ティファニー 1837 メイカーズ 22mm スクエア」。グラフィカルな「T」モチーフがデザインに取り入れられた、ティファニーらしさが凝縮した1本です。

エルメスからは1996年に誕生した「Hウォッチ」。フィリップ・ムケによるデザインは、「H」のイニシャルのなかに時間を取り込むという遊び心溢れるもの。今では時計の枠を超え、メゾンのシンボルとなっています。

以上の4本はどれも、キャリア女性の装いにエレガンスと理知的な表情を添え、忙しい日常の頼りになる存在です。その魅力をさらに詳しくお伝えしましょう。

名品の真価が味わえる、シンプルだからこそ美しい4スタイル
■1:カルティエ 時計 新作|時を超えたモダニティで端正なオーラをプラス


「タンク フランセーズ」SM¥396,000 ●ケース:ステンレススティール ●ケースサイズ:縦25×横20mm ●ダイヤル:シルバー仕上げグレイン ダイヤル ●ブレスレット:ステンレススティール ●ムーブメント:クォーツ (C)Cartier
ケースからプレスレットまでシームレスなラインを描き、まさにジュエリーのブレスレットのように手元を飾る「タンク フランセーズ」。このモデルは、ケースとブレスレットのステンレススティールも特徴。繊細なヘアライン仕上げを主役に鏡面仕上げでアクセントを加え、異なる艶めきで上品に動きをつけたデザインです。

ダイヤルはオフホワイトにシルバーのグレイン仕上げを施しており、光が当たると繊細な煌めきを放ちます。線路型分目盛りはスクエアフォルムで、それを囲むようにローマ数字を配置。ひと目でカルティエとわかる表情と視認性を同時に叶えています。

カラーもデザインも、キャリア女性にふさわしい存在感を備える一方で、どのようなスタイルにもさりげなくなじむモデルなので、Tシャツからワンピースまで相性抜群。毎日の装いの強い味方となってくれる、秀逸な一本です。

詳しくはこちらから

■2:ブルガリ|ダブルロゴの美しさが映える新作モデル


「ブルガリ・ブルガリ」¥374,000 ●ケース:ステンレススティール ●ケースサイズ:直径23mm ●ダイヤル:マザーオブパール ●ブレスレット:ステンレススティール ●ムーブメント:クォーツ
「ブルガリ・ブルガリ」のなかでも、ケースもブレスレットもステンレススティールの新作モデルは、よりシャープな存在感が魅力です。ダイヤルはニュアンスのある表情のマザーオブパール。二つの素材のコントラストがウォッチ全体を上品なリュクス感で包み込みます。

ケースと絶妙なバランスを表現するブレスレットは、しなやかに手首にフィットするセンターリンク。優美さとスポーティな印象を兼ね備えるウォッチとして、アクティブな現代女性を引き立てます。

服の色や柄を問わずスタイリッシュにまとまるデザインですが、ステンレススティールのマスキュリンな表情を活かすなら、ジャケットやシャツなどかっちりとしたラインの服との組み合わせを。ラウンドフェイスとマザーオブパールのフェミニンさを引き立てるなら、柔らかいシルエットや透け感のある素材とのコーディネートがおすすめです。

■3:ティファニー|ピュアな存在感を高める4石のダイヤモンド


「ティファニー 1837 メイカーズ 22mm スクエア」¥462,000 ●ケース:ステンレススティール ●ケースサイズ:縦22×横22mm ●ダイヤル:シルバーカラー×ダイヤモンド ●ブレスレット:ステンレススティール ●ムーブメント:クォーツ 
美しいラインやコンテンポラリーな表情、比類のないエレガンスでオーラを放つ「ティファニー 1837 メイカーズ22mm スクエア」。

シルバーカラーのダイヤルはラッカー仕上げでギョウシェ風のパターンを施し、ピュアな光の戯れを楽しむモデル。アワーマーカーとしてバゲットカットのダイヤモンドを4か所にセットしています。控えめなラグジュアリー感とステンレススティールのクールな光沢とのコンビネーションもポイントです。

ケースサイドには「ティファニー 1837 メイカーズ」コレクションの証として「NY」、「T & CO MAKERS」などのホローマークが刻印されています。

素材とデザインが絶妙なハーモニーを奏で、女らしさとクールな現代性が同時に宿るこのウォッチは、デイリーなスタイルに品のよいスパイスを添えてくれます。より印象的にまとめたいときには、ワンカラーが映えるダークカラーとの組み合わせで、コントラストを演出して。

■4:エルメス|スティール素材で新たな魅力を放つメゾンの代表ウォッチ


「Hウォッチ」¥382,800 ●ケース:ステンレススティール ●ケースサイズ:縦21×横21mm ●ダイヤル:ホワイト ●ブレスレット:ステンレススティール ●ムーブメント:クォーツ (C)Calitho
エルメスを象徴する「Hウォッチ」コレクションに、昨年秋仲間入りしたステンレススティールのモデル。

すべてのエレメントが調和し響き合い、シンプルでありながらインパクトのある表情を醸し出すウォッチで、そこに満ちる圧倒的なエレガンスは、まさにエルメスの真骨頂。まとう人をコンテンポラリーな美で印象づけます。

独創的なケースと小さな正方形を並べたグラフィカルなブレスレットが見事なコンビネーションを演出するデザイン。ダイヤルはセンターに放射線状に広がるモチーフを施し、特徴的なインデックスを配置しています。

きちんと感のあるウェアからナチュラルな素材やデザインの服まで、どんなスタイルにも合うので、外出時はもちろんのこと、リモートワークでも身につけていたくなる一本です。